El CapitanとAcrobatX

iMacのOSをEl Capitanにしてから、しばらくしてAcrobatXがフリーズするようになり、購入時のCDからインストールしようとしたが、いつもエラーばかり出ていました。
結局インストールをあきらめてReaderを代用していましたが、pdf入稿でどうしてもページ分割が必要になりました。
そこでAdobeサイトをいろいろ探ってやっとAcrobatXのダウンロードページを見つけました。ダウンロードしてさらに10.1.16へのアップグレードも行い、無事起動できました。
起動時にシリアル番号を聞いてくるかと構えていましたが、システム内に保存されていたのか普通に立ち上がりました。やっと正常なpdf作業ができます。

MacOSX SierraになるとJava6のサポート終了するので、CS6は使えないそうです。とはいえ裏ワザで動かす方法もありそうですが、まだ新しいMac導入の予定はありません。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です