HDをSSDに換装

Windowsマシンのメーカーサポートが終了したのを機会に、DELL PCのHDのSSDに換装に挑戦しました。AmazonでSUNEAST480GBと変換アダプタケーブル、ハードディスクケースを購入。

まずはSSDのフォーマット。ディスクの管理を使用して無事フォーマット、続いてOSHDのクローン制作。ここでネット上で評判の良いフリーソフトをインストールして実行したのですが、待つこと3〜4時間経っても終了しません。これはおかしいと PCを開いて確認したところフォーマットしたはずのSSDが34MBしかなく残りが未割り当てになっていました。

ここからが迷走状態の始まり。フリーソフトでSSDのパーテーションを変更したり、再度クローン制作をスタートしたら、そもそもSSDが認識されなくなったり、金曜日に製品が届いてから土曜日までいろいろなことに挑戦です。

最終的には、上記の>>ネット上で評判の良いフリーソフト<<ではなく、むしろ評価の低いフリーソフト(フォーマット用とクローン用)を使って、さらに接続ケーブルをハードディスクケースを使用してみました。 無事フォーマットもでき、クローン制作も2時間以上かかりましたが無事終了。本日、再度HDで起動してからしっかりクローンされていることを確認して、SSDに換装することに成功しました。 さすが、早い!! 例えばIllustratorCS6で これまでは初期画面が出るまで3分以上かかっていましたが、約30秒で起動。さらにこれまで使用フォントの関係で開くことすらできなかったファイルも開きました。さらにInDesignCCの動作の速さも確認でき、PhotoShopCS6もインストールしました。 これなら十分にDTP作業に耐えられるようですから、Office用のサブマシンではなくMacと並行した制作環境として使っていけそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です