再度miniの開腹手術

以前にmac miniのHDDをSSDに交換して、内蔵バッテリーも交換しましたが、相変わらず「カーネルパニック」やモニターエラーが起きていました。CleanMyMacというソフトで観察するとエラー直後にcpuの温度が上昇していました。そこでもしかしたらcpuの放熱状態が悪いのかと思い、放熱グリスの交換を行いました。
久しぶりに今度はヒートシンクまで分解したところ、意外なことに放熱グリスはまだ硬化していません。AMAZONで購入した剥離剤と研磨剤、クロスを用いて新しいグリスに交換しました。
MacFanソフトを使って常時4500回転にしていますが、今のところ極端なcpuの熱上昇は見られません。
引き続き観察していますが、油断できない状態ですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です